TORRINGTON TEA ROOM(トリントンティールーム)

二軒目はトリントンティールームに行きました!

イギリス風ティールームで紅茶とエッグベネディクト

昨日の続きです。

南堀江からグーグルマップを頼りに歩いて歩いて歩いて、ずっと同じ方向に進んでいくと谷町六丁目の地下鉄駅が見えてきました。

私ってアナログ人間だから、調べようともせずもしかして地下鉄で行けた?!?

うーん(+o+)

まぁいいや。

結局のところかなり歩いて、グーグルマップで電池はかなり使うし何やってんだかって、そう思いながら着いたときにホッとしました。

あまり一人で上本町行かないので(;^_^A

第二の目的地はティールーム TORRINGTON TEA ROOM(トリントンティールーム)。

自分がtea&coffee roomを開店するのに色々調べて見つけたお店。

お店の入り口がイギリスの格式と歴史を感じさせるおもむきがあっていいですね。

こういうところがイギリスの風格というのかシンプルであって洒落てて、実はお金かかってて良いものなんですよ。

入り口のドアを開けたら

正面には食器やジャム、紅茶、ケーキやお茶の時間に使うグッズがディスプレイ棚に所狭しと飾られてて感動しました^^

来てよかった💕

紅茶ウヴァ(スリランカ産)とエッグベネディクト

以前芦屋の本屋さんで孫のお誕生日に絵本を選んでいたとき、ふらっ~とほかの本も見ていたら芦屋ティールーム ムジカさんのオーナーが紅茶本を出版していたので購入してみました。

紅茶のこと何も知らないので、勉強のために読んでみたらお店に行きたくなってそのまま紅茶の販売店とティールームに行きました。

どちらも人気店でお客さんが何人もいてティールームは狭いスペースに引っ切り無しに出たり入ったり。

美味しい紅茶を入れてくださり、とても幸せな気持ちで良い時間を過ごせました。

トリントンティールームもあまり広くはないのですが引っ切り無しにお客さんが来店していました。

私はエッグベネディクトとウヴァというスリランカ産の紅茶を頼みました。

ウヴァはすっきりとした味でよく歩いた私にはピッタリでした^^

エッグベネディクトは卵が2つにハムが4枚でボリューム満点のメニューでした。

卵の下にはクランペット(エッグマフィンを半分にスライスしたようなパン)が敷かれてエッグベネディクト私は初めて食べました。

イギリスの食べ物は美味しくない!という人がいますが、半熟の卵にマスタード風味のソースがかかっていて初めての味にビックリしながらペロッと食べてしまいました。あー美味しかった。

今日は12時に間に合うように家を出てきたので、この後のスケジュールを考えるとゆっくりできないため、残念ですがささっと食べて雑貨とケーキがディスプレイされている棚に移り紅茶1種類とキャロットケーキ、ビッグスコーンを買いました。(やっぱりスイーツに目が行ってしまう(((o(*゚▽゚*)o))))

可愛いポットやカップ&ソーサー欲しいな

トリントンティールームをあとにし次は芦屋に戻って紅茶のお店“u-fu”(ウーフ)に向かいます。

最後に

70Bの開店が12時なんであと二軒行こうと思ったら時間が足りません!

しかし、目的の場所には赴いてしっかり楽しんでいるので気持ちは充実していました。

次は芦屋のウーフさんに行きます。

最後まで拙い文章にお付き合いいただきありがとうございました。

関連記事

  1. お花絞りとの出会い②
  2. 今が旬!いちごショートケーキ🍓
  3. アルペジオ開店していまーす♪
  4. まだまだ続くリフォーム工事
  5. タイル屋さんが来ました🛁
  6. リフォーム工事🔨(大工さん最終日)
  7. ご注文たまわりまーす🎂
  8. お花絞りとの出会い③

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP