市川Pay取り扱っていまーす!

こんばんは。

毎日暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

久しぶりにイベントのお知らせです✨

9月1日から使える市川町Payでスイーツを購入していただけます!!

(市川Payは市川町に令和2年7月27日現在住民登録されている方に配られた地域商品券)

Cherry mamma(ちぇりーまんまのスイーツ工房)ってなに?

どこにあるの?!?

と、思っている人はたくさんいると思いますが、それもそのはず

お店ではないのです!!!

Cherry mamma(ちぇりーまんまのスイーツ工房)は工房だけのスイーツを作っている普通の家なので💦

どこで買えるの?

どんな商品があるの?

値段は?

などなどを今回ご説明させていただきます。

Cherry mamma(ちぇりーまんまのスイーツ工房)とは?

Cherry mamma(ちぇりーまんまのスイーツ工房)はお店ではなく工房だけの普通の民家です。

そこでどのように購入していただいたらいいのかですが

基本電話で予約注文していただき購入できます。

℡090-6555-3018

コスト削減のため、ご注文いただいてからお作りしています。

市川町鶴居の元ピアノを教えていたおばあちゃんの家のキッチンでスイーツを作っています。

おばあちゃんがもう使っていないキッチンをお借りしています。

工房以外での購入方法は観光協会とひまりん朝市にて販売させていただいています。

どんな商品があるの?

今が旬の桃のタルトです!桃が無くなり次第締め切らせていただきます。
紅玉りんごのアップルパイです。10月後半に販売開始いたします。ほしい方は電話、Gmail、インスタのダイレクトメールでご予約してくださいね。
アーモンドではなく“ナッツの女王”と言われるほど高価なピスタチオを使ったコクの深いパウンドケーキです。
りんごの季節に美味しい、りんごの甘煮とローストしたクルミをアールグレイの生地に閉じ込めました。
たっぷり入ったドライフルーツとローストしたクルミのパウンドケーキです。

など、パウンドケーキ、アップルパイ、今が旬の桃のタルトはまさに旬のスイーツ!!

そのまま食べても美味しいですが、タルト生地にアーモンドクリームをのせて焼き、カスタードクリームとホイップでデコるとホントに美味しくてほっぺが落ちちゃいますよ~

お値段はまたご注文の時にお聞きください。

たとえば

アップルパイ 直径15cm 2,400円

ピスタチオパウンドケーキ 14cm 1,250円

焼菓子詰め合わせも出来ますよ💓

出産の内祝いやお土産、お中元にお歳暮などにもお使いくださいませ。

おもにパウンドケーキの個包装やパウンドケーキ個包装とクッキーの詰め合わせも個別で対応させていただいています。

たくさんの人に配りたい時に小さなギフトも作っています。(たとえば発表会の記念品、休職や退職の時にお世話になったあの方へなど)

アニマルboxにはパウンドケーキ2個とクッキー1袋(2個入り)で500~600円くらいから

おうちboxはパウンドケーキ2個かクッキー2袋

もっと小さなギフトもオリジナルで作らせていただきます。

迷わずお電話くださいませ^^

最後に

Cherry mamma(ちぇりーまんまのスイーツ工房)は焼菓子を中心にスイーツづくりをしています。

店舗を持たず個人で作業をしているため、イベント出店時や私用で留守の時もございます。前もってお電話でご注文をして頂けると商品のご準備はさせていただきますので、ご協力お願い致します。

2019年の4月から工房を始めました。まだまだ未熟な工房ですが毎日美味しくてきれいなもの、そしてお母さんが子供に安心して食べさせたいスイーツづくりをしています。保存料は使わないので賞味期限は短くて添加物もほとんど入れていません。

そんなCherry mamma(ちぇりーまんまのスイーツ工房)をどうぞ末永くよろしくお願いいたします。m(__)m

最後までブログをご覧いただきありがとうございましたm(__)m

生垣の剪定(前編)

こんにちは😃

毎年のことなんですが8月になると、生垣の剪定をしています。(喜んで❗️と言いたいところですが)植物は自然に大きくなりますよね〜

今のこの時期に目に見えてぐんぐんと育つのです!ホントもうちょっとゆっくり大きくなればいいのにと思うのは私だけかなぁ。

今回はプライベートもプライベート、生垣の剪定についてガーデニングの記録用として残すためにアップさせて頂きます。💦

プライベート濫用してすみませんm(._.)m

30年間子供とともに成長した生垣(カイヅカイブキ)笑

この家に住み出してかれこれ30年足らず。

お兄ちゃんが31歳になるので2歳の時に建てた家だから、29年か?

毎年夏の憂うつの一つ。

建てた時にちゃんと考えて職人さんに言えば良かったのですが、30年も前といえば私も20うん歳⁈

何も知らない若い娘が何も知らず、あと先考えずにまる見えになる我が家をカバーしたさ一心に植えてもらったカイヅカイブキ

それが放っておくと2〜3mに大成長((((;゚Д゚)))))))

それで、どんどん大きくなる生垣をどのように剪定していたかというと、まだ1mくらいの時は簡単に自分で剪定していた?いやその必要はないか(笑)

自分が望む背丈になった時から剪定の必要に迫られるようになったのです。

このカイズカイブキは冬になっても葉が緑のままでとても生垣にピッタリ!そして虫もつかないし、病気にもなりにくい。それだけを見るといいのはいいのだけれど、やはり植物は成長する。

子供を育てている最中にともに大きくなったような気がする(笑)(笑)

その間は庭の生垣には目がいかないくらい忙しく生垣は放置状態。

その間にぐんぐんと大きくなって茎(幹)が太くなり((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル、ようやくなんとか時間が出来て剪定をするようになるころには手に負えない大木(自分が思うに💦)になってしまったのでした。どどドーンと‼️

そこでどうしたかといいますと、自分の手には負えないと早い段階でシルバー人材センターのおじちゃんたちに頼んで剪定をして頂きました。

すると、仕上がりがめちゃくちゃ綺麗なんですよね~✨✨✨

「私には出来ない!!「」と感じ、シルバー人材センターのおじちゃんたちに頼んでよかったなと思いました。

しかし次の年、カイズカイブキ(伊吹君と呼びます^^)はもっと大きくなっていました。><

ちょっと待って!!!

それでは今年はどうしたらいいの?

うーん、今年もシルバー人材センターのおじちゃんたちに頼むしかないのかと思いながらそうして数年が経ちました。

そこで数年の後、伊吹君はだんだん大きくなって背が高くなってるやん!!

あかんやん!!

このままだったら伊吹君どこまで成長するん?私はあまり大きくなってもらいたくなかったのです伊吹君に。

でも成長著しいのよね~

どこかのタイミングでなんとかせねばと考え

そして、庭師さんに頼んで短く剪定してもらったのです。それが下の画像です。

最後に

今回はプライベートのガーデニング(生垣の剪定)についての記事をアップしました。

夏は田舎に住んでいるため植物との戦いが連日繰り広げられています(笑)

ひとに任せた時もありましたが、時間があるなら自分でと思うようになり今では自分でするようになったのです。

最近は夫が手伝ってくれるようになったので、少しは楽が出来るようになったのですがね~

次回も生垣の剪定についての後編をアップします。夏の風物詩となっていて、記録して残しておきたいのでプライベートばかりですみません💦

最後までブログをご覧いただきありがとうございましたm(__)m

桃のタルト作り

こんばんは!今日は先日作った桃のタルトについての記事をアップします。

桃のコンポート

この桃のタルト、カスタードクリームに桃のコンポートをカットして一緒に入をれています。先日作ったコンポート、シロップに桃の味と風味が加わり作った時以上に今美味しくなっています。

白ワインの入ったレシピを参考にさせてもらって、2個の桃でコンポート作りました。

皮ごと煮詰めているのでうっすら桃色なんですよね。

出来立てはこんな風にシロップが桃色に染まって、桃の香りが本当に漂いこのままガブって食べちゃいたいくらいです。

シュガーペーストで小花の砂糖菓子作り

前々から作ってみたいと思っていた砂糖菓子。私は基本不器用なので上手くできるか自信がなかったのですが、フルーツタルトの上にちょっと飾ってあげると見た目もぐっと良くなりますよね~

今は検索すればすぐにどうしたらいいか教えてくれます!!その機能を使って調べた調べたφ(..)メモメモ

簡単には上手く作れないけど、不器用な私は何回も練習をして上手く作れるようになります。

クレームダマンドにはコンポートのシロップを

タルトは生地の上にクレームダマンドを敷いて焼き、その上にクリーム類をのせてフルーツをのせて作ります。

クリーム類もベースはカスタードや生クリームなど中に入れるものによって口当たりや味が変わってきます。

組み合わせによってはまとまりが無くなってせっかく作っても口に入れて味わった時残念な気分になることもあります。

そして考えたのが、順番に合わせていくものには繋がりがあったほうが味にまとまりが出来るのではないかと…

そこでダマンドにシロップを染み込ますことにしました!そうすることでフォークで食べた時に桃の味をより感じるのではないかと思いました。

なのでこの綺麗に並んだスライス桃の下には、シロップを染み込ませたダマンド、カスタードクリーム、コンポートしたざく切りの桃があります。

最後に

今回は最近作っているフレッシュタルトの記事をアップしました。

季節のフルーツをお値段と相談しながらも美味しく食べられるように作った桃のタルト。

自分で作るからこそ失敗もあるけど、どの組み合わせが美味しいか考えながらいちばんベストなタルトづくりをしています。

まだまだ納得のいくタルトづくりは出来ていません!が、少しは近づけたかもしれません。

最後までブログをご覧いただきありがとうございましたm(__)m